高価の実感できる自宅でのヘアケア

入浴前とシャンプー

まず、シャンプー前には必ずブラッシングをしましょう。
どうせ洗うからいいや、なんて方はいませんか。
いきなり髪の毛の根本から思いっきりといてはいませんか。
ブラッシングは毛先から初めて、中間、根本とブラッシングしましょう。
サラサラの状態になったら、シャンプーの準備OKです。

入浴時ですが、シャワーヘッドに塩素除去できるヘッドを使うのもおすすめです。
この塩素は肌や髪の毛にダメージを与え傷む原因になります。
シャワーヘッドだけを簡単に交換できますので、ホームセンター等で見てみてはいかがでしょうか。

シャンプーをするとバキバキになってしまう方には、シャンプー前のコンディショナーがおすすめ。
乾いた髪の毛にコンディショナーを付けていきます。
毛先をメインにつけていき、なじませたら一度シャワーで流します。
その後にシャンプー、トリートメントをすれば、髪の毛が傷んだりするのを防げます。

入浴後と普段の生活

入浴後はまずタオルドライ。
この時に注意したいのは、髪の毛を雑に扱わないという事です。
予め水気を切っておき、タオルを乗せたら地肌にしっかりとタオルを入れ込みながら水分を吸収すること。
摩擦は髪を痛める原因になるので、擦らないように気を付けましょう。
毛先の水分は、美容室でされているように、タオルで髪の毛を挟んで叩くようにポンポンと水気を取りましょう。

髪の毛が長い方は、寝る時は髪の毛を結んでおくとよいでしょう。
寝ている時というのは、摩擦が多く絡まったりしてダメージの元になります。
結わいておくことで、摩擦が軽減されます。
最近では跡がつかないようなヘアゴムもたくさんありますので、試してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る